御影 弟組 MIKAGE OTOGUMI 其の二十二

         兄組編     其の保


            盗賊大名



  三日後の昼近く

  ぎこちなく進んで船が

  滑らかに進み始めた途端

  其の進みはがたりと落ちて

  櫓羽が水面を切る音もぴたりと止み

  一圭の宏実を呼ぶ声が響き渡る


「 一圭 何があった 」

「 わっ 判りませぬ

  突然皆 ばたばたと倒れ出したのでござる 」

  櫓柄にもたれ 息も絶え絶えな茂平が一圭へ歩み寄ろうとした其の刹那

  茂平の足が縺れ もんどり打って倒れ込む

「 茂平っ 」

「 はっ はあっ はあっ … たっ 大した事は無い

  ちょんこと目眩がしただけだ 」

  透かさず抱き抱えた茂平の身体は塩を噴いて熱く火照り

  乾き切った紫色の唇がわなわなと震え 虚ろな眼差しを一圭へ向けたま

 ま首ががくりと落ちた 愕然とする宏実と一圭であったが 共に昨夜から

 異常な迄の喉の乾きと軽い目眩に襲われ続けて居たのであり 悪夢が再び

 幕を開けたのであった 

「 誰かっ 水をっ 水をくれいっ 」

  一圭が やはり言うて措かねばと 躊躇いがちに口を開く

「 申し訳ござりませぬ宏実様

  水飲みは我らの指示に従うて下されと あれ程強く念を押して居りまし

 たのに 不覚にも張りの者が寝入ってし申た隙に … 」

「 一圭 我らでさへ難(がた)いのだ 病者の方々にしてみれば耐えられぬ

 乾きであったに違い無い

  張りの者とて 困憊(こんぱい)の極みで居たのだ 誰も責められぬ

  責めては成らぬ 落ち度は全て俺にある 」

「 なれど 残って居た僅かな水も倒れた者らに与えてしまいました故 水

 は一滴も残って居りませぬ

  水無くしては 現在(いま)動ける我らでさへ恐らく三日 … いや二日

 と持ちますまい

  此処は意を決して船を東へ向けてみては如何でございます 」

「 … 止めて措こう … 危険に過ぎる 」

「 ですが此のままでは 」

「 一圭 肌に当たる風が日に日に涼しさを増して居る様に感じぬか 」

「 はっ 言われたみれば … 確かに 」

「 土崎の湊に近付いて衣類のは間違い無いのだ

  東へ舵を切るのは最後の手段 其の折りは俺と御前で漕ぎ切る

  其の積もりで居てくれ 」

  言うなり

  宏実は甲板へ出 未だ平伏し続けて居る一圭の手の者へ何事かを囁き

 船尾へと消えた

「 おいっ 寝坊助(ねぼすけ) 宏実様は何を申された 」

  後から出て来た一圭が 片膝付いて問う

「 はっ はい 

  水を … 海水から水を取り出すのだと申され …

  蝋を 集めて参れ と 」

「 何っ 馬鹿な 海水から塩は取り出せても水を取り出すなど … 」

「 何でも 水取りの術の海版だと申され 

  どれ程得られるか判らぬが 試してみる価値はあろうと 」

「 … 水取りの術 … 

  其うか 其の手があったか なれど如何にして 」

  立ち欠けた一圭の膝前に 寝坊助が更に深く平伏し

「 くっ 組頭 昨夜は真に申し訳ござりませぬ

  何時寝入ってし申たやも判らぬなど不覚の極みでござりますれば

  此れ以上生き恥は晒せませぬ故 …

「 おい寝坊助 何をして居る 早く蝋を集めて来ぬか 」

  はっと面を上げた寝坊助の前に 既に一圭の姿は無かった

  宏実の指示の下

  手の者らは月の明かりを頼りに 船尾から運び込んだ樽の中程に一尺

 四方の孔を穿(うが)ち

  樽の底の真ん中に 蝋を垂らして固定した取っての有る桶の中へ丼鉢を

 据え次いで 桶の中程の高さ迄海水を注ぎ予(あらかじ)め煮沸し干して措

 いた薄布を其の中央が丼鉢の真上に成るよう擂り鉢状に緩く張り 仕上げ

 に布の表面に蝋を塗り終えたならば漸く完と成る

  其の夜から

  体力の温存を図る可く 櫓漕ぎは夜の間だけと決めた宏実の命に従い

  手の者らは樽を背に 腰を下ろして櫓漕ぎの番を待ち 一人舳先へ向か

 う宏実は龕灯を綱に吊るして指南魚が泳ぐ桶を照らす

  気も心も呑ま込まれ其うな闇の海原を睨み付けながら まんじりともせ

 ぬ夜を過ごし 朝陽が天海の際に姿を現した頃 寝坊助に寝ずの番を命じ

 て手の者らと巣穴へ戻り陽が陰るのを待った


  

コメント