御影 弟組 MIKAGE OTOGUMI 其の二十一

        兄組編     其の仁

            

            盗賊大名

               

             ※ 加筆訂正編集中

               でござりまする



  頬を吹き撫でる風が心地良く過ぎて行く

  速くは無いが

  船はぎこちなくも緩やかに

  進んで居る様である


「 宏実様 此れで良うござろう 」

  房髪が声を掛ける

「 出来たか 」

「 ちゃんこと見て下され 」

  房髪が指差す指南魚が浮かぶ桶は

  縁に刻んだ北東を示す印(しるし)が舳先と一直線に成る様に 上下左右

 に張った綱で宙に固定されて居る

「 うむ 上出来だ

  一圭 もう日が暮れる張りを残し皆を休ませよ 」

  はっ と応ずる一圭を残し宏実は屋蔵の屋根に上りごろりと横に成る

⦅ … 爺殿や秋実様は父上の生死の行方を探れと言うて居られるのか …

   あの後 杉江屋殿の調べで

   一本杉館を襲いし者らは 浅利の配下十狐組と申す者らで間違い無し

 との事であったが 真なのであろうか … 

  当時 安東 南部 浅利と三家の間には攻めぬ侵さぬの不文律があっ

 たと伝え聞く 一本杉館は其の要の地 浅利家が其れを犯し交易の利を棄

 てて迄一本杉館を襲う理由は一体何なのだ … 

  … やはり 浅利家の騒動が発端なのか …

  だが 浅利則祐殿の死は一本杉館襲撃の四年も前の事 … 四年 …

  何かがあったのだ何かが 思い出せ宏実 あの頃の事を 

  あの時期目にし耳にした浅利家に関わる全ての事を思い出すのだ … ⦆

    

  

  

コメント