此れ迄の登場人物 順不動

 

  水神 流夷    御影畠山の初代 畠山義治

  水神 絹     流夷の妹 奥州の覇者藤原泰衡の側室 於結の母

  畠山 義続    能登畠山第七代当主  

  畠山 義綱    能登畠山第八代当主  義続の嫡男

  畠山 義慶    能登畠山第九代当主  義綱の嫡男

  畠山 義春    能登畠山第十代当主  義慶の嫡男

  畠山 春王丸   能登畠山第十一代当主 義春の嫡男

  御影畠山 蔵治  能登畠山第七代当主畠山義総の臣 尊治の祖父

  御影畠山 秋実  能登畠山第七代当主畠山義総の臣 蔵治の弟

  御影畠山 政治  能登畠山第八代当主畠山義続の臣 尊治の父

  御影畠山 宏実  能登畠山第九代当主畠山義綱の臣 御影兄組 頭領

           尊治の兄

  御影畠山 尊治  御影弟組 頭領

  原  広之進   御影弟組 一番組頭

  天野 勝明    御影弟組 二番組頭

  鹿島 傳助    御影弟組 三番組頭

  円山 香梅    御影弟組 遊撃組

  須藤 菊花    御影弟組 遊撃組

  金子 松之丞   御影弟組 一番組小頭

  手塚 龍蔵    御影弟組 一番組小頭

  阿部 万亀丸   御影弟組 一番組 探索方

  古藤 小虎    御影弟組 一番組 探索方 

  平  続重    畠山義続の臣 

  平  加世    続重の孫娘 天野勝明の妻

  阿部 尼和    万亀丸の妻 経貞の娘

  井口 経貞    浅井の旧臣 尼和の父

  作兵衞      平館の小者

  杉江 次郎兵衞  七尾杉江屋の主

  熊沢 鬼三郎   温井景隆の臣 物見番頭

  村島 竜三郎   温井景隆の臣 荒山砦の守将

  温井 景隆    能登畠山の旧臣

  三宅 長盛    能登畠山の旧臣 景隆の弟 

  左近       伊賀抜け左右(そう)組の頭領

  蓮次丸 (於蓮)  村島竜三郎の従卒

  遊佐 続光    能登畠山の旧臣 秀光の祖父

  遊佐 盛光    能登畠山の旧臣 秀光の父

  遊佐 秀光    遊佐家の当主

  遊佐 長員    秀光の叔父

  堺  十蔵    遊佐盛光の臣 徒組(かちぐみ)頭

  橋本 長兵衛   鷹匠 鷹絵師 別名牛欄 浅利政吉

  田中 清六    鷹商 鷹田屋の主

  田中 清太郎   清六の兄 国友村の加治屋田中屋の主

  蒲生 賢秀    織田家の臣

  蒲生 氏郷    賢秀の三男

  蒲生 重郷    賢秀の四男

  浅利 勝頼    奥州比内郡の領主 

  大木戸 忠彦   重忠の臣

  大木戸 秀彦   忠彦の長男

  大木戸 保彦   忠彦の次男

  大木戸 頼彦   忠彦の子孫

  大木戸 比呂彦  頼彦の長男

  畠山 重忠    鎌倉幕府の御家人

  畠山 重秀    重忠の長男 庶子

  畠山 重保    重忠の次男 嫡男 正室北条義子の子

     於結    於絹の娘 重保の妻

     重行    重保の長男

     時麿    重保の次男

  平沢 武秋    重忠の臣

  木村 剛夫    重忠の臣

  石田 為猛    武蔵の国 平子郡 石田家の当主

  石田 久猛    為猛の弟

  石田 時猛    為猛の嫡男

  雲林院 松軒   安土城留守居役 天真正伝香取神道流兵法者

  服部 源心    前田利家の直属の配下 伊賀倫組(みちぐみ)の頭領

  前田 安勝    前田家の将 前田利家の兄

  前田 利好    前田家の将 安勝の嫡男

  佐脇 家久    前田家の将 戦目付け

  岡島 某     前田家の臣

  横山 某     前田家の臣

  弥助       織田家の臣 モザンビーク出身の黒人

  足利 義純    重忠の未亡人 北条義子の再婚相手

  北条 時政    義子の父

  牧の方      時政の継室

  平賀 朝雅    牧の方の娘婿

  北条 義子    畠山重忠の未亡人

  稲毛 重成    北条義子の妹の夫

  大日出王     遥か昔 遥か西の彼方の地に君臨した王

  総門の王     大日出王の息子

  小川 欣祐    石動山天平寺阿弥陀院の院主 善の衆徒の長

  般若員 快存   石動山天平寺 悪の衆徒の首魁

  長  続連    能登畠山の旧臣 連龍の父

  長  綱連    能登畠山の旧臣 連龍の兄

  長  連龍    前田の臣 続連の子

  研ぎ師      源心の手の者 何者かに斬殺される

  真ん中の男    研ぎ師殺害の解死人(犯人)

  雑兵       壱 弐 参 四 荒山道で討ち死に

  郎党       壱 弐 参 羽咋郡小石川村で討ち死に

  衛士       壱 小丸山城外で非業の死

  

  ✳   スマートフォンの方は横にしてお読みください

  

  

  

    

  

  

  

  

コメント